グローバルな世界へ羽ばたく
アットホームな留学エージェントとともに!
メールで相談 メールで相談

シンガポールの主要銀行: 金融の中心地で活躍する5大銀行

   シンガポール

 

シンガポールはアジア太平洋地域における金融の中心地であり、その中でも注目を集めるのが主要な銀行グループです。

 

今回は、シンガポールの金融シーンを牽引する5大銀行に焦点を当て、それぞれの概要やシンガポールのATM事情について紹介します。

 

シンガポール島内ではDBS、UOB、OCBCという順で利用者が多いです。

 

それではどうぞ!

 

1. DBS Bank

DBS Bankはシンガポールのダウンタウン・ビジネス地区に本社を構える大手銀行です。

 

アジア太平洋地域で多岐にわたる金融サービスを提供しており、個人から法人まで広範な顧客ニーズに応えています。

 

  • 総資産: 2021年時点で約4730億米ドル
  • 支店数: シンガポール国内外に広がる多数の支店

 

2. UOB (United Overseas Bank)

ウォータールー地区に本社を構えるUOBは、シンガポール国内外で展開する大手銀行です。

 

幅広い銀行サービスを提供し、アジア地域での強力なプレゼンスを誇ります。

 

  • 総資産: 2021年時点で約4190億米ドル
  • 支店数: シンガポールおよび国際的に展開

 

3. OCBC (Oversea-Chinese Banking Corporation)

OCBCはチャーチストリートに本社を置く大手銀行で、シンガポール有数の金融機関です。

 

包括的なサービスで、個人や法人の顧客に信頼性の高い金融ソリューションを提供しています。

 

  • 総資産: 2021年時点で約4050億米ドル
  • 支店数: シンガポールを中心にアジアで多数の支店

 

4. Standard Chartered Bank

Standard Chartered Bankはイギリス発祥の国際的な銀行で、シンガポールでも大きな存在感があります。

 

アジア太平洋地域での強力な展開が特徴で、法人・個人向けに多彩な金融商品を提供しています。

 

  • 総資産: 2021年時点で約7500億米ドル
  • 支店数: グローバルに広がる広範なネットワーク

 

5. Citibank

Citibankは国際的な銀行グループの一翼を担い、シンガポールでも広範な事業展開を行っています。

 

多岐にわたる金融サービスで、個人から法人までの幅広い顧客層に対応しています。

 

  • 総資産: 2021年時点で約22150億米ドル(シティグループ全体)
  • 支店数: グローバルに展開し、シンガポールにも多くの支店

 

シンガポールのATMについて

シンガポールでは、各銀行が24時間利用可能なATMを提供しています。

 

公共の場や商業施設、駅などに多くのATMが設置されており、利便性が高いです。

 

日本と大きな違いは、お金の引き出し時はなんと無料です!

 

ただ、銀行間の提携や特定のカードの利用で手数料が発生することもあるため注意が必要です。

 

まとめ

シンガポールの主要銀行は、アジア太平洋地域での豊富な経験と包括的なサービスで、国内外で数多くの顧客を支えています。

 

各銀行は独自の強みを持ち、シンガポールの金融シーンをリードしています。

 

ATMの利用時には手数料に留意することが重要で、自身の銀行カードや提携先を確認してスムーズな取引を心掛けましょう。

 

迷ったらDBSを選んでおけば間違いありません!

 

他にも現地の様子や、留学情報を常に発信しているので、気になる方は気軽にお問い合わせください。

 

その他、TwitterFacebookのフォローもお願いします!

 

 
 

この記事が参考になったよ♪という方はシェアして頂けると嬉しいです^^