グローバルな世界へ羽ばたく
アットホームな留学エージェントとともに!
メールで相談 メールで相談

【2024年】シンガポールの所得税はいくら取られる?

   シンガポール ブログ

 

シンガポールは、その税制の透明性とビジネスフレンドリーな環境で知られています!

 

特に所得税に関しては、シンガポールがどのように運営しているのか、日本の所得税と比較してどのような違いがあるのかについて詳しく掘り下げてみましょう。

 

それではどうぞ!

 

1. シンガポールの所得税の基本

シンガポールの所得税はプログレッシブなシステムに基づいています。

 

個人の所得に応じて異なる税率が適用され、低所得者には低い税率が、高所得者には高い税率が課せられます。

※累進課税

 

現在の税率は、最低で0%から最高で24%まであります!

 

シンガポールの所得税は、日本の所得税と比較してどのような特徴があるのでしょうか?

 

2. 日本との比較

シンガポールと日本の所得税を比較すると、まず目立つのは税率の差異です。

 

シンガポールの所得税率は最高で24%までであるのに対し、日本では最高で45%に達することがあります。

 

これにより、高所得者にとってはシンガポールでの納税がより軽減され、結果として手取り収入が大きくなる可能性があります。

 

また、シンガポールではキャピタルゲインに対する課税が一般的ではありません。

 

これは、投資による利益が相対的に重税されないという点で注目されます。

 

これに対して、日本ではキャピタルゲインも所得の一部として課税されます。

 

この違いが、シンガポールを投資家にとって魅力的な選択肢にしていますが、最近ではNISAが日本でもできたので、一定の額内までならば日本もキャピタルゲインに税金はかかりません。

 

 

3. 実際の数値を用いた例

具体的な数値を用いて比較してみましょう。

 

例として、年間所得が10万ドル(約1000万円)の場合を考えます。

 

シンガポールの税率が24%の場合、この人の納税額は24,000ドル(約240万円)になります。

 

一方で、同じ所得の場合、日本の最高税率である45%を適用すると、日本での納税額は45,000ドル(約450万円)に上昇します。

 

このようにして、所得税の違いが具体的な数値で示されます。

 

4. 知っておきたいポイント

これに加えて、シンガポールは非常に効果的な税制度を採用しています。

 

例えば、個人が海外で得た所得に対しては通常課税されません!

 

これにより、外国からの所得を持つ個人や国際的なビジネスにとって、シンガポールが税務上の優位性を提供しています。

 

また、寡占税制度に基づいており、企業は海外からの所得に対しても一定の免税を受けることができます。

 

日本の場合、国内外の所得は総合課税制度に基づき、すべての所得を合算して税金が課せられます。

 

これにより、海外で得た所得も日本での納税対象となります。

 

そのため、海外で事業を展開する企業や個人にとって、シンガポールが税務上の選択肢として魅力的であると言えますね!

 

5. 所得税と生活の質

所得税だけでなく、生活の質も比較のポイントとなります。

 

シンガポールは安定した政治環境、高い生活水準、効率的なインフラ、そして多文化な社会で知られています。

 

これにより、多くの人がシンガポールでの生活を選択しています。

 

さらに、ビジネス環境も非常に整備されており、起業や仕事を始める際にも好条件が整っています。

 

ただ、最近のシンガポールは物価高&家賃高にあるため、出費もその分大きくなるのは考慮すべき点です。

 

まとめ

シンガポールの所得税に関する考察を通じて、その税制がどれだけ企業や個人にとって魅力的であるかが浮かび上がります。

 

これまでの比較からも分かるように、シンガポールは低い所得税率、効果的な税制度、そして豊かな生活環境が組み合わさった国として、多くの人々の注目を集めています。

 

特に、高所得者や国際的なビジネスにとっては、シンガポールでの納税が経済的に有利であると言えます。

 

その一方で、日本の所得税は相対的に高く、総合課税制度が適用されることが、シンガポールとの比較から浮かび上がります。

 

また、シンガポールは税制だけでなく、安定した経済環境や高品質な生活も提供していて、これは、シンガポールを多くの外国人労働者や企業が魅力的な拠点として選ぶ要因となっています。

 

最後に、国ごとの税制を理解し、それを活かすことが個人や企業の健全な経済活動にとって重要であると言えます。

 

他にも現地の様子や、留学情報を常に発信しているので、気になる方は気軽にお問い合わせください。

 

その他、TwitterFacebookのフォローもお願いします!

 

 

この記事が参考になったよ♪という方はシェアして頂けると嬉しいです^^