グローバルな世界へ羽ばたく
アットホームな留学エージェントとともに!
メールで相談 メールで相談

シンガポールと日本の暮らしの楽しい違いとは?

 

こんにちは、皆さん!

 

今回は、「シンガポール」と「日本」の暮らしに潜む楽しい違いについてお届けします。

 

初心者の方にも分かりやすく解説!

 

それではどうぞ!

 

1. こんにちは vs. Hi! 

さて、最初に挨拶からご紹介しましょう!

 

日本では「こんにちは」が日常的な挨拶ですが、シンガポールでは「Hi!」と英語で気軽にコミュニケーション。

 

言葉の違いが、新たな友達との交流をもたらすこと間違いなしです。

 

ただ、中国語も幅広く使われているため、「ニーハオ」と耳にすることも非常に多いのが現状です。

 

シンガポールでは公用語として英語、マレー語、中国語、タミル語が話されていますが、英語が広く通じる一方、日本では主要な言語は日本語です。

 

日本語の理解が必要となる点が異なります。

 

2. マンガとマーライオン

次に、ポップカルチャーとシンボルの違いに注目!

 

日本のマンガカルチャーとシンガポールのマーライオン(魚の頭にライオンの身体、シンガポールの象徴)は、それぞれ国のシンボルとも言えますよね。

 

どちらもその土地ならではの個性が光ります!

 

大きく異なる文化の違いは良い刺激を与えてくれるでしょう。

 

3. 電車ラッシュ vs. 快適な公共交通

日本の電車ラッシュとシンガポールの快適な公共交通。

 

朝の満員電車の風景と、広々とした車内での心地よい移動。どちらもその土地ならではの風景です。

 

シンガポールで快適に移動できる環境は、新しい日常を楽しむ鍵ですね。

 

シンガポールでは、ぎゅうぎゅう詰めになることは無いです。なぜなら、それを嫌がる人が多く、次の電車を待つ人が多いためです。

 

4. 美味しい料理の競演!

食べ物好きの皆さん、注目!

 

シンガポールと日本、どちらも美味しい料理が豊富です。

 

シンガポールではさまざまな国の料理がミックスされ、ホーカーセンターでその魅力が爆発。

 

一方、日本ではラーメン、寿司、たこ焼きなど、地域ごとの個性が楽しめます。

 

5. お祭り騒ぎ!

シンガポールでは多様な宗教や文化を尊重したお祭りが繰り広げられ、華やかなパレードやライトアップが目を楽しませてくれます。

 

日本でも神社やお寺でのお祭りは、伝統と新しさが融合しています。

 

楽しいお祭りが人々を笑顔に変えます!

 

どちらもお祭りは派手に行われますが、シンガポールの方が異文化共存のため、あらゆる宗教の行事を目にすることができます。

 

6. ワークライフバランス

仕事と遊びのバランスも大切ですよね。

 

シンガポールでは効率的な働き方が注目されており、仕事とプライベートの充実感を手に入れることができます。

 

日本とシンガポール、それぞれのワークライフバランスを見つけて、充実した日々を過ごしましょう!

 

大きな要因としては、残業代が出ないということ。

 

ある一定額以上の給料をもらっている人は残業代が出ないと、政府が定めています。

 

7. 素敵な出会いと経験

最後に、新しい出会いと経験の価値を考えてみましょう。

 

異なる文化や背景を持つ人々との交流は、自分を成長させるチャンスです。

 

新しい友達との素晴らしい瞬間や、未知の経験が、日常を特別なものに変えてくれることでしょう。

 

まとめ

以上、シンガポールと日本の暮らしの楽しい違いをたっぷりとお伝えしました!

 

新しい文化を受け入れ、自分を広げていく冒険を楽しんでください。

 

どちらも素敵な魅力がいっぱいですよ!

 

これらは一般的な違いの一部ですが、個々の経験や状況によって異なることがあります。

 

異なる文化や環境で暮らすことは新たな経験を得る機会でもありますが、適応や理解が必要な側面もあるかもしれません。

 

他にも現地の様子や、留学情報を常に発信しているので、気になる方は気軽にお問い合わせください。

 

その他、TwitterFacebookのフォローもお願いします!

 

この記事が参考になったよ♪という方はシェアして頂けると嬉しいです^^