グローバルな世界へ羽ばたく
アットホームな留学エージェントとともに!
メールで相談 メールで相談

【初心者用】シンガポールの大統領制について知ろう!首相とは何が違うの?

 

こんにちは、みなさん!

 

今回は、シンガポールの大統領制について楽しく分かりやすくお伝えします。

 

シンガポールは今年の9月1日金曜日に大統領選挙が行われます。

 

そのため、急遽選挙日は祝日となりました。

 

シンガポールは美しい観光地としても有名ですが、その政治制度も興味深いものがあります。さっそく見ていきましょう!

 

シンガポールの大統領制って?

シンガポールの大統領制は、この国の政治システムの一部です。

 

大統領制とは、国の指導者である大統領が一定の権限を持ちつつ、行政府や議会と協力しながら国を運営する仕組みです。

 

まるで国の舵取りをする船長のような役割ですね!

 

シンガポールの大統領は、国の元首であり象徴的な存在です。

 

大統領は一般選挙によって選ばれますが、選出された後の役割は行政府の首脳ではなく、主に監視とバランスを取る役割を果たします。

 

大統領の選出方法

シンガポールの大統領は、一般選挙で選ばれます。

 

ただし、誰でも立候補できるわけではありません。

 

ある程度の経験や業績を持つ候補者のみが出馬できるんです。

 

これによって、国をリードする人物がしっかりしたスキルや経験を持っていることが保証されます。

 

大統領の役割と立法府との関係

シンガポールの大統領は、国の象徴としての役割を果たすだけでなく、議会の立法活動にも関与します。

 

特に、お金に関わる法律についての重要な権限を持っています。

 

国のお金の使い方や予算について、しっかりと見守ることで国の健全な成長を支えているんです。

予算と公共資金の管理

大統領は、国の予算や公共資金の運用にも大きな影響を持っています。

 

国の予算を使う前に、大統領の承認が必要な場合があるんです。

 

これによって、国のお金が適切に使われ、透明性が保たれることを目指しているんですね。

 

  1. 財政監督: 大統領は国家予算や財政に関する法案の承認権を持ちます。一定の額以上の支出に対しては、大統領の承認が必要です。これによって、国の財政が健全に運営されることを確保します。

  2. 公共資金の管理: 大統領は国の公共資金の管理にも関与します。特に国立財産や国の資産に関連する取引に対して、承認や監督の権限が与えられています。

 

候補者の選出には予備選挙制度がある!

シンガポールの大統領選挙では、複数の資格を持つ候補者が立候補することがあります。

 

そんなとき、予備選挙(プリーシング)が行われることがあります。

 

これによって、有権者は候補者を選ぶ際に、より多くの選択肢を持つことができるんです。

 

大統領と首相の違い

大統領と首相の主な違いは、役割や権限にあります。

  • 大統領: 象徴的な元首であり、財政監督や公共資金の管理など、主に監督とバランスを取る役割を担当します。政府を率いる指導者ではありません。

  • 首相: 政府の指導者であり、政策立案や運営、閣僚の監督など、国の実際の統治に関わる重要な役割を果たします。

シンガポールでは、大統領と首相がそれぞれ異なる役割を担当して、政府や国の運営を円滑に行っています。

 

まとめ

シンガポールの大統領制について、楽しく学んでみました!

 

大統領は国の指導者としてだけでなく、予算や公共資金の管理にも関与し、国の成長をサポートしています。

 

予備選挙制度もあって、選挙はとっても面白いものなんですね。

 

シンガポールの美しい風景だけでなく、その政治制度も魅力的ですね。

 

ぜひこれからも、世界中のさまざまな国の政治や文化について学んでみるのも楽しいかもしれませんね!

 

それでは、明るい政治学習の旅を楽しんでください!

 

他にも現地の様子や、留学情報を常に発信しているので、気になる方は気軽にお問い合わせください。

 

その他、TwitterFacebookのフォローもお願いします!

 

この記事が参考になったよ♪という方はシェアして頂けると嬉しいです^^